大宮アルディージャと大宮観光

サッカーが好きな人が大宮を見てまわるならば、大宮アルディージャにゆかりのある場所をチェックしていきましょう。駅前やスタジアムに行くまでのあいだにも、いろいろと見ておきたいポイントがあるからです。たとえば、まず大宮駅に降り立ったのならば、東口の前にはトトちゃんという子リスの像があります。これはアルディージャのマスコットキャラクターのアルディとミーヤの原型です。アルディージャというのはスペイン語でリスという意味なのです。

 

そして、駅前のすずらん通りを歩けば、商店街をあげてアルディージャを盛り上げている雰囲気が味わえます。サッカーの街として、フラッグやポスターなどもそこかしこに見ることができるでしょう。さらに一の宮通りに入れば、チームカラーのオレンジ一色に染まります。街灯や花壇までオレンジに統一されている、通称オレンジロードです。この道を通って氷川神社の参道を行けば大宮公園につきます。武蔵野国の一宮、氷川神社にもお参りしていきましょう。

 

大宮公園のなかにNACK5スタジアムがあります。サッカー専用のスタジアムとしては日本で1番歴史があります。試合のない日に観光だけで訪れたという人は、大宮公園内を散策すれば、小動物園などもあって楽しめます。帰り道にはオレンジスクウェアというオフィシャルショップに立ち寄るのも忘れてはいけません。グッズのほかチケットの購入もできます。最後に高島屋前に設置されている選手や監督の足型や、昇格記念プレートなどのレリーフをチェックしましょう。


母子家庭

母子家庭を徹底サポートするお役立ち情報サイトです。
www.bosikatei.info/